誰かに対し大それたことはできなくても、

誰かに寄り添うとか、誰かために、と何を求めているのか想像して欲しいものを提供するのは難しいかもしれない。
けれども、困っている人が近くにいたら話を聞き、もし自分にできそうなことがあれば、それをすればいいのかなとふと思った。