「日報」カテゴリーアーカイブ

α7を見てきた

New α 始動。特別体験会開催 | ソニー
http://www.sony.jp/camera/exp201310/

昨日10月19日、表題通り特別体験会場へα7/α7Rを見にいってきた。

単焦点のFE 35mm F2.8とズームのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSSを装着した機体を手に取ってシャッターを切ってみた。軽く小さいとはいえズッシリとしていて右手グリップも握りやすくしっかり持てた。
再生時に拡大ボタンを押さないとダイヤルで拡大縮小できないのが、ピント確認する時に少しまどろっこしい。設定でダイヤルに直接拡大・縮小を割り振ったりできるのかな。同時に展示してあったRX10はズームレバーで拡大縮小できたので比べてしまう。
まー操作体系は微々たる差だし、なにより小さいので次ボディ買う時のまた一つ悩みが増えた。

それから小澤忠恭氏のトークショーを聞いた。
意図した瞬間を捉える練習として、テレビで話しているアナウンサーの口を閉じた瞬間を狙って撮るなど、すぐ実践できそうなことを聞けてよかった。
手は大きく映りがちだから試行錯誤してバランスをとったとか顔の陰の意図など、撮影した作品の解説が面白かったけれどこちらは全然活かせるステージに自身が達していないのを痛感し悔しかった。
せめて、この時の話を思い出しながらこれから写真を観れたらなと。

無題2

  • やる気がない時に何をするか、どうしたら少しでも前に進めるかを考えて実行することがこれから重要になってくるのでは。
  • アイドルマスター シンデレラガールズでどうしたら総選挙で50位内に入れないような子をシンデレラガールにすることができるか考えていた。シンデレラガールというのは一つの役に過ぎず、その他の役、例えば10位、100位と比べてもある意味では善し悪しもない。
  • iPhone 5c予約しようかしまいか店員さんとお話しをしていたら、iPhone 5が軽すぎて逆に困るという意見もあるんですよと聞いて新鮮に感じた。ある程度の重みがあった方がしっかりホールドできるということなのかな。

アソシエイトテスト

いまよ!ファンタジスタドール!

これまたうまく横に並ぶように調整しないと…

2018/10/23 追記
1年以上Amazonアソシエイト経由の売上がないためアカウント止まってしまいました。あとプライバシーポリシーやアソシエイト参加の旨を書いてないのもいけなかったのでしょう。ちゃんと書かねえと……

1000の技を持つ男

1日に小さなことでもいい、一つずつできることを増やしていくんです。それを1ヶ月続けるとだいたい30、さらに1年続けると365、そして3年間続けると1000越えてるでしょう?

……みたいなこと言えるようになりたい

精度と観点

ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展 : http://gursky.jp

新宿駅ホームで、だったかな……カミオカンデの広告見て以来気になっていたアンドレアス・グルスキー展に行ってきた。

撮影時の構え方やレンズの収差など、様々な要因で写真でまっすぐ被写体を捉えるのは難しい。それを乗り越え被写体にまっすぐ向かおうとする姿勢が作品からひしひしと伝わってきた。例えば「99セント」の陳列棚とか普通に撮影したら絶対周辺歪むよねこれ。

そういえば空港のロビーを写した作品の前で「これ、黒い行き先表示板に露出合わせたら服とか白トビするよね」と作品について話しているのを耳にした。ここまで水平にばかり気を取られていて、露出は意識して見ていなかった。誰かと一緒に行けば、自分一人では思いつかない観点で作品をみれたのかもしれないと思うと悔しい。

風立ちぬ

を見てきた。だいぶ前だけど。

冒頭の二郎が目覚めて眼鏡をかけるまでの焦点を丁寧に描写していたり、本庄とのタバコのやり取り積み重ねて関係性の変化を描いていたりと面白かった。けれどいちばん心に残ったのは「創造的人生の持ち時間は10年」という二郎が夢の中でカプローニから言われた言葉だった。

見終わった後は「生きてさえいれば創造できる」と思っていたけれども何かが引っかかる。そんなこんなで考えている最中に思い浮かんできたのが「勉強」
生きている限り学び続けなければいけないけれど、沢山の情報を飲み込める肉体や精神、それだけに打ち込むことのできる環境が揃っているのは二十歳になるくらいまで。持ち時間が示すものの1つはピークなんだろうな。

過ぎ去ってピークだったと公開しないように、生きねば。

デザイン

.jaypeg – 7月27日(土)14:00〜 渋谷SECO BAR | JAYPEG初のリアルイベント – http://dot.jypg.net/

知人が参加するということで、一言あいさつするために.jaypegへ行ってきた。

トークセッション、ふたつ印象に残った話があった。

ひとつ目は、登壇したゲストのお二人とも目指してデザイナーになったわけではなくてデザイナーになるしかなかったから、なる必要に迫られてデザイナーになったと言っていたこと。自身の経験からデザイナーには素質が必要でそれが無ければ目指してもなれないものだと思っているので、あっさりそれしか無いと言ってしまえるのがすごい。たくさんの時間と労力をつぎ込んで価値を生み出せる感性を磨いたのもあるだろう。が、それとも適材適所でうまく役割にはまることができたのかな。

二つ目は、若さは正義と若い人の力を信じているような…。ある世代より上はCMYKの%で数値を言われたらそこから色を想像してモノクロのパンフレットに色が見える、すごいという話だった。ああここから昔はよかった的な話になるんだろうなーと予想していたけど違った。コンピュータのソフトウェアによってCMYKの数値しらなくても色が作れるようになり、印刷には使えない色もあるけれど色に関する世界が広がった、そしてRGBでまた広がった。環境によって世界広がるし、それまでの積み重ねでさらにデザインが発展していっているという話だった。他にも昔よりも正常に発展しているという旨を話していた。オチが思いつかない。

働くことについてヒントが見えたような見えないような。はやくひとまずの結論出して平穏がほしい。

ラップトップの前で食うプリンはうまい

こだわりたまごのとろけるプリン

確かに230円の食感だった。

行儀の善し悪しはともかく、スマホとかパソコンとか何か情報に気を取られつつ食べるのは味わうことに集中できなくて幸福度が下がると思った。なので、ご飯食べるときくらいは情報に気を取られないように効率よく生きたい。

2ヶ月目

ライトオン ザ トチョウ

A photo posted by watakirin (@watakirin) on

いろいろ総括して2ヶ月目…みたいなエントリを書こうとしていたけれど、まとめるエネルギーどのくらい要るのか、今それがあるのかと毎晩考えた。が、エネルギーが足りなかったので書けずにここまで来てしまった。では今回書くのかというともう少し後回しにしたい。言いたいことはシンプルなんだけど。

6月は土日毎回出かけたが、それだけ何かを得て満たされたような気持ちになるのはどうかと思い、このまえの3連休はどこにも行かなかった。けれども眠気と気怠さで結局やろうとしていた勉強もあまりできなかった。なので行きたかったらどこかへ行った方が精神衛生上いいみたいなのでそうする。

3ヶ月目もどうにかなりそう。今週末、虫歯が再発した上の親知らずを安心して抜きにいけるわ。